So-net無料ブログ作成
検索選択

インド料理教室/パラタ:PARATHA [お家でインド料理]

9/5 東京都江戸川区の清新町(西葛西)のインド料理教室の続き。
前回はこちら

全粒粉でつくるチャパティをパイ状に形態を進化させたもの。
ちなみにこちらはお店の(スーリヤ)のパラタ(ミント入り。)
3004472
つくってみるとわかるんだけど、一言「ありえねー。」レベルです。

3160115
粉(全粒粉と小麦粉)と塩を混ぜたものにギーを入れる。
ギーは結構、大量。クロワッサンやパイと同じくらい入れます。
塩も粉全量300gに対して小さじ1くらい。しっかり入れます。
おかずパンではなく、食事パンなので、塩気が強くなります。

日本の食パンに慣れていると少し塩気が強いかなとおもうかもしれませんが、
塩気の強いパンは粉の味が強く感じられますし、料理と一緒に食べる時にはよく合うと私は思います。ちなみに海外のバターは日本程塩気が強くないので、バタートーストにすると味は変わらないと思います(笑)

3160120
固さは、耳たぶの固さ。
様子を見ながら、ぬるま湯を加えます。

3160121
ラップをして30分置く。

ここからが難しい!
316012331601243160125
向きを変えて△に折る。
ギーを塗って、折りたたみ「層」にして行きます。

焼くのが難しい。
3160128
最後に強火に当てると、ぷーっと膨らみます。火が全体に通った証拠だそうな。

弱火だと乾燥してパサパサのカチコチに。強火だと焦げるし。
先生はいとも簡単に焼いていました。
ギーを使ってると、やっぱり美味しいです。

冷凍のパラタを見かけたら、ぜひ、買ってみて下さい。
美味しいですよ。
インドのパン、クッキー、乳製品は品質が良くて安いのでおすすめです。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
deko

なんと!パラタを作っていらしたのですか!!
あのサクサクとして香ばしいデニッシュのような食感と、アタ生地ならではの滋味ある香りが堪らなく好きです♪

実習ではタンドール焼き上げではないタイプだったんですね。…って、そりゃそうですよね(;^ω^)
by deko (2009-09-20 19:44) 

Dr Curry

こんな料理教室の情報は、どこで仕入れれるのですか?
私も行ってもみたいです。

by Dr Curry (2009-09-20 21:55) 

なお

8枚つくって一枚だけ、成功。美味しかったデス。
成功すると美味しいんですよ。成功すれば・・・。

>タンドール
それはさぞかし盛り上がる事でしょう。(笑)
一回やってみたい。
気のせいかもしれませんが、フライパンより、タワの方が上手に焼けるように見えました。
by なお (2009-09-20 22:00) 

里美

待ってましたー♪
手が込んでいて難しそうなだけに、
みんなで作ったら楽しそうですねっ★
1枚でも…成功、おめでとうございます。

全粒粉を使用しているので、
パロタではなくパラタですか?

冷凍にまだチャレンジしていませんでした!!
冬になれば、成功率も上がりそうですので、
お力を貸して下さいませ(><)


by 里美 (2009-09-20 22:08) 

なお

>Dr Curryさん
インドの料理道具も見られるし、面白いです。
西葛西にあるカルカッタが経営しているバザール(食材店)で買い物をしていたら、教室の紹介を受けました。1回の教室は約20名前後です。
次回は10/5で4時から〜7時。会費は3千円です。申し込みはバザール03-5679-8682に電話にて受け付けております。お茶菓子付き。
http://www.elle.co.jp/atable/pick/09_0903/09_0903_b先生は写真に写ってる奥様のゴスワミ先生。家庭料理になります。
by なお (2009-09-20 22:25) 

なお

>里美さん
すみません。今、気がついて書き換えました!ParottaにPARATHAややこしや〜。
これ「饂飩」といったら、醤油のだしで、「おうどん」といったら、昆布のつゆ。とかそんな感じなんでしょうか!?

半分は精白粉なので、もしかしたら、そこがカルカッタぽいのかも!?

用意してあった冷蔵庫の大量の氷は、とりあえず解凍しておきます(笑)冬に再チャレンジやりましょう!
by なお (2009-09-20 23:10) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。