So-net無料ブログ作成
お家でインド料理 ブログトップ

The Rocky Story /JAL JEERA [お家でインド料理]

...どんなに打ちのめされても、前に進み続けることだ。
that's how winning is done!
ロッキー・ザ・ファイナルより

当たり前だが、なかなか痩せない。
友人がやる気が出ない時は「ロッキーのテーマ曲」を聞くと言っていた事を思い出し、ロッキーベスト盤を借りてipodに入れて走っている。
体が重すぎて苦行以外の何ものでもない。ウダウダ度200%。
※ここからジェームス・ブラウンを聞いた事がない人は、次の段落まで飛ばしてお読み下さい。
気分が朦朧とした頃にジェームス・ブラウン。
「ホッ!はっ!りびんいんなめり〜かぁ。にゅーよーく してぃっ! かんざす してぃっ!」
 ・
 ・
 ・
どうでも良くなって結構、足がすすむ。

こんな時は、JAL JEERA
3211206
3211207
インド食材店で物色していたら、お客さんできていたインド人の女性が「これ美味しいよ。」と教えてくれた。

シンプルに塩とクミンと唐辛子の味。苦くてしょっぱい。
暑い時に飲むと、「気付け」になってシャッキリした。
う〜ん、う〜ん、これ美味しいか?
何かうまい飲み方があるのでしょうか?

私のダイエット生活
〜妄想〜
http://www.youtube.com/watch?v=8AemCeiuI_k&feature=related
〜現状〜(元ネタ)
http://www.youtube.com/watch?v=zI1ikYdiueA&eurl=http%3A%2F%2Fvid
Rocky 4 Training Scenes のスタローン、若いっ。
大昔は縄跳びのシーンだけ余裕で出来ました(当たり前。)今、無理だよ(情けない。)
久しぶりに見たら、腹筋のシーンと山頂でのガッツポーズシーン。
本人ではなく、スタントマン。
当時は本人だと思っていました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

インド料理教室/パラタ:PARATHA [お家でインド料理]

9/5 東京都江戸川区の清新町(西葛西)のインド料理教室の続き。
前回はこちら

全粒粉でつくるチャパティをパイ状に形態を進化させたもの。
ちなみにこちらはお店の(スーリヤ)のパラタ(ミント入り。)
3004472
つくってみるとわかるんだけど、一言「ありえねー。」レベルです。

3160115
粉(全粒粉と小麦粉)と塩を混ぜたものにギーを入れる。
ギーは結構、大量。クロワッサンやパイと同じくらい入れます。
塩も粉全量300gに対して小さじ1くらい。しっかり入れます。
おかずパンではなく、食事パンなので、塩気が強くなります。

日本の食パンに慣れていると少し塩気が強いかなとおもうかもしれませんが、
塩気の強いパンは粉の味が強く感じられますし、料理と一緒に食べる時にはよく合うと私は思います。ちなみに海外のバターは日本程塩気が強くないので、バタートーストにすると味は変わらないと思います(笑)

3160120
固さは、耳たぶの固さ。
様子を見ながら、ぬるま湯を加えます。

3160121
ラップをして30分置く。

ここからが難しい!
316012331601243160125
向きを変えて△に折る。
ギーを塗って、折りたたみ「層」にして行きます。

焼くのが難しい。
3160128
最後に強火に当てると、ぷーっと膨らみます。火が全体に通った証拠だそうな。

弱火だと乾燥してパサパサのカチコチに。強火だと焦げるし。
先生はいとも簡単に焼いていました。
ギーを使ってると、やっぱり美味しいです。

冷凍のパラタを見かけたら、ぜひ、買ってみて下さい。
美味しいですよ。
インドのパン、クッキー、乳製品は品質が良くて安いのでおすすめです。

インド料理教室/骨付きチキンカレー [お家でインド料理]

9/5 東京都江戸川区の清新町(西葛西)にて、インド料理教室に行ってきました。

今回はアーモンド入りのご馳走骨付きチキンカレー。簡単でした!
骨と肉からうまみがでますので、鶏肉は新鮮で少し良いものを使うのがコツだと思います。
気がついた事をつらつらと書いてみました。

ホールスパイス。
シナモン(あればカシア)・クミン・赤唐辛子、インド産のベイリーフ
最初に温めた油に入れて、香りをうつします。そこに材料を入れて炒めていきます。

粉のスパイス。
玉ねぎを炒め終わった後に、香りが飛びにくいスパイスから投入していきます。ガラムマサラは香りが飛びやすいので、仕上がる5分前に。一番最後。
チリ、コリアンダー、ターメリック、クミン、フェンネル、ガラムマサラ。
3160114

骨付きチキンは一人200g強。
皮があると味が変わるので、皮は剥ぎます。剥いだ皮は、片栗粉に胡椒、醤油等で味付けしたものをまぶし(竜田揚げと同じ)揚げても美味しいです。これにチャットマサラをふって、大根の千切りをそえるとヤミツキのお酒のおつまみになります。
31601173160118
コリアンダー、トマト、ヨーグルト。
ヨーグルト、トマトは酸味。スパイスと油に酸味が合わさると、あの食欲が進む「スパイスマジック」が生きてきます。このバランスが崩れると、スパイスの粉スープになったり、味がない料理になるようです。(経験ずみ:汗)

3160116
生姜とニンニク、玉ねぎのみじん切り
生姜とニンニクは同量。一人小さじ1杯くらい。5人分で生姜は小一個分くらいです。
減らすとコクと酸味がなくなって美味しくなくなります。

玉ねぎは一人中~大サイズ0.7個くらい。今回は大玉サイズを5人で3.5個使いました。これも量を減らすと美味しくありません。
玉ねぎは2回に分けて調理します。1/4量を薄切り。3/4量をみじん切りにしました。

3160119
最初にカラメル味をだすために薄切りの玉ねぎを茶色くなるまで炒めて、別皿にあげておく。
最後にガラムマサラと一緒に入れます。

みじん切りの玉ねぎを炒める。
本当は飴いろになるまで炒めるのが良いそうだが、今回は熱が通ればいいとの事。

アーモンド
コクを出します。
アーモンドを水に30分つけると・・・皮がつるっとむけます。面白い。
31767373160122
アーモンドをミキサーに入れ、少量の水を足してペースト状にします。

3160129
完成。写真が良くないのですが、実物はもう少しさわやかです。
黄色がかったカレーで美味しそうなんですよ。
あっという間に食べてしまいました。
アーモンドの味は全くしないのですが、コクが出て美味しいのです。
カシューナッツでも良いとの事。

大成功でした。

続く
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

続:料理教室に行ってきた。 [お家でインド料理]

前編

ジーラライス
お米は両手ではさみこんで、ぎゅっぎゅっと研いでいく。
4回くらい水を代えただろうか。念入りにお米をとぐ。
3028871
低温のオイルにクミン(ジーラ)と唐辛子を入れて、さっと熱を加える。
クミンは色が少し変わったくらい。
3028875
オイルをお米に入れる。20分ほど吸水させてから炊く。

カチュンバル
インドもきゅうりの皮をむく。
3028879
日本以外は、みんな皮をむくような気がする。
これは、グリーンチリを少し入れて辛みを出していた。
3028881

完成。
3028882
お米はあんなにオイル入れたのに、さっぱりしている。
日本米と違って、インドの米そのものに、油分が少ないようだ。

我々のカレーもうまいんですが、先生のカレーの方がうまい。
鍋一つでつくれる点は簡単ですが、火加減はコツがいるようです。
先生は「スパイスの良い香り」と何回も言ってました。
インド料理では、香りが重要なポイントのようです。

テーブルでの各自の感想。
「日本のカレーと全然違うね。」 「油っこいかと思ったら、さっぱりしている。」 「暑くて食欲がない日にも食べられる。」
でした。

わたくし、鍋を洗ったのですが、油でコテコテのギットギットでした。
油っこくみえるけど、油が少なくてさっぱりしてるのではなく、
油も沢山はいってるけど、スパイスと酸味でさっぱり味に感じられます。
という事でございました。

栄養満点なので、インド料理の食べすぎには注意しませう!自分

-----
食後のデザート
あげた豆団子のシロップ漬け。MOTI CHUR LADOO
3028880



nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

料理教室に行って来た。 [お家でインド料理]

25日 清新町のコミュニティセンターにて。生徒は約20名。
先生はカルカッタのオーナーの奥さんのお姉様。シャンティスリ・ゴスワミ先生。
20年前に西葛西に越して来た時は、先生を含めてご家族4人だけだったそうだ。

特にインド通が集ったわけではなく、ただの料理好き、珍しいもの好き、文化サークル好きの集まりであった。「カルカッタ」ってどこにあるの?って言ってる人もいたので、インド料理=美味しいカレーってどうやってつくるの?という主旨で来られてるようである。

助手がいないので、生徒=助手である。
スパイスや野菜等、すべて1つ(←注)の袋入りで鎮座しております。
先生の号令一下、てきぱきと分担作業で、まずは材料を計って各テーブルに分ける所から(笑)
お皿や鍋やお玉も、誰かが気を利かして、各テーブルに配って行く。
3028860
先生「あ〜これみじん切りお願いできるかしら。」
なんとなくみじん切りの上手そうな人の所に手渡されて、上手な人が全員の分をみじん切りにする。
先生「あ〜、分量はこれくらいね。はい、わけて下さい。」
と、材料が全部入ったボールが手渡され、そこからは流れ作業でスムーズに各テーブルに分けられて行く。
準備されてなくても、人海戦術?で料理教室は滞り無く進んで行きました。

メニューはキーマカレーとジーラライスとカチュンバル。
3028861

キーマカレーの材料
ホールスパイス。粉のスパイス。
30288623028864
粉のシナモンとクローブはヨーグルトに混ぜておく。
3028863

ぬるい油にホールスパイスを投入。
3028870
タマネギをやや茶色になるまで炒める。20分くらい?結構長い。
3028872

鳥のひき肉を入れる。
水で溶いたニンニクとショウガを入れる。
粉のスパイスを投入。
肉から油が出てぽろぽろになるまで、20分くらいしっかり炒める

我々のものは、ドライアップな感じ。
3028873
スパイスを入れる。
ヨーグルトを入れる。
水を入れる。塩で味付け。
3028874
煮る。

3028878
出来上がり。

コツはスパイスを焦がさない事。
香りを引き出す。残す事である。
中華な感じかとおもったら、今回はイタリアンか洋食の作り方に似ている。
熱をじっくり通して素材の甘みをだし、香りや酸味を最後に加え、また飛ばさないようにする料理である。
にんにくは熱が高いと甘みが逃げてしまうので、ニンニクを入れてからは弱火にしたほうが良かったかも。反省。
火加減が難しいであるぞ。

続く。
すっきりまとまった記事は、こちら→一緒に行った里美さんのブログ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

キタ━━━━━(∀゜(゚∀゚)゜∀)━━━━━!!!!! [お家でインド料理]

趣味でつくっていた石鹸がご縁でお知り合いになった友人のべびきんさん。
べびきんさんのブログ「インドカレーに目覚める!?」
で簡単インド料理レシピを考案して記事にあげてくれました!
さすが料理の達人。完成度と食材に対する知識のレベルが、もう違います。
こりゃ、手軽で便利。家にある材料でできるし、いいわ。
うわーこのレシピで作ってみよう。ワクワク。

そして、加熱時間を短時間+煮込みすぎないために圧力なべ
目からうろこ。
そういう手がありましたか。

やっぱ圧力なべ欲しい。

インド料理店スーリヤのバイキングのサラダをアレンジして考案された
>マカロニサラダwith大根
にカイワレを入れてる所がなるほど。ちょっと辛みが合った方がパンチが効いていて美味しいと思いました。
そして、
>ベーグル生地でナン
な る ほ ど ねえ。似てます。似てます。というか同じ?

>ナン独特のしずく型のようなバーバパパみたいな形
>あれは日本独特のもの
え~~知らなかった。

お嬢様が借りてこられた本『カレーのひみつ』の豆知識も勉強になりました。
>仕上げにガラムマサラで風味付け
風味が飛びにくいスパイスは先に入れますが、飛びやすいスパイスは直前に加える事を、
最近までしりませんでした。
スパイスは香りが命=鮮度が命とお店の人がおっしゃっていました。

そうなの、簡単インドカレーはつくってびっくり。
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚)<そんなバナナ
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U
お店のスープカレーより、自作の簡単インドカレーのほうが美味しい。
べびきんさんが、作ったカレー食べたいわあ♡
あっ、豆カレーと野菜カレーのレシピは、どうなるんだろう。ワクワク。
nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

インドから、ギリシャまで [お家でインド料理]

風邪にいける印度料理 第ニ弾
2821094
ケサリバースMTR Kesari Bath
キチュリが良いと聞いて、レトルトを探しに行ったのですが、売ってなかったので、
かわりにこちらの「辛く」なくて栄養がありそうなコレを。
2821092
出した直後。ちょっと衝撃的。
2821098
体裁を整えてみました。

ギリシャ、トルコでよく出てきたシロップ漬けのお菓子と同じ味です。
生姜が少しきいていて、甘~い。
美味しいです。カロリーが高くて、消化も良いので、風邪にはぴったりでしょう。☆☆☆☆
ただ、日本の味とは共通点が少ないので、中近東系の食べ物に慣れてない方は、ちょっと厳しいかな?
今、気がつきましたが、これデザートでした。
nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Badam Drinkとアチャール [お家でインド料理]

ヒドい風邪で、寝正月ならぬ、(強制的に)寝GWとなりました。
料理もできないので、風邪に効きそうな(辛くない)印度レトルト食品を試す事に致しました。
えっ、インドから少しは離れろって?

第一弾
2821091
[Badam Drink]=アーモンドミルク
粉末もあったのだが、事前に「加えるミルクの加減を失敗するとまずい」という情報をえて、まずは、完成品を購入。200円なり。高級品です。
ミルクとアーモンドの味が濃くておいし〜い!!喉がずいぶんと楽になりました。サフラン入りだから、うっ血にも効果あり。すっかりお気に入り。風邪に効果あり☆☆☆☆☆

<おまけ>
2821111
アチャール
左はゴングラピクルス/priya社
味はベジメイトというか、マギーブイヨンを濃縮したような味。
う〜ン。これはなかなかキビシい味でござる。

右はミックスピクルス/BEDEKAR'S社。印度ではとてもメジャーなブランドだそうです。
味は梅干し。豆やら、マンゴーやら色々入っています。
アチャールとヨーグルトとご飯を一緒に食べると、舌の上がしあわせになるとのブログを見て、やってみました。私も、この食べ方が一番幸せになれると思います。



ミックスピクルス=梅干し味ということで、納豆と混ぜて食べてみました。
結果は、納豆好きにはお勧め致しません
納豆の風味や味など消しとんて、「わんはんどれっどぱーせんと アチャールの味」になってしまいます。
味気のない納豆にあたった時は、逆にいいかもしれません。

MTR社の製品はコストコやアマゾンでも買えるようです。
300円~350円くらいで、化学調味料無添加です。

簡単なインド料理:正解編 [お家でインド料理]

前回の自作カレーは美味しかったのですが、作り方が違っていました。
東神田スーリヤのスタッフ(デリー出身)に再度確認したところ、

直伝:一番簡単な料理「鶏肉と野菜の煮込み料理」これが正解編
鍋にサラダ油をいれる。にんにくとしょうがに軽く火をとおす。

材料をすべていれる。

鍋の蓋をして、弱火~中火で火を通す。時々、焦げ付かないように底からかきまぜる。30分程度火を通す。
以上、終わり。
o(゚▽゚)o イェーイ!!

超簡単でした。

材料(ちゃんと聞いてきました。)4人分くらい
・鶏肉 モモ肉か、若鳥の手羽元
・トマト水煮缶(1缶)
・玉ねぎ(1個)
・好きな野菜

調味料
・サラダ油(たぶん50cくらい。かなり多めです。)
・しょうが(1本以上)
・にんにく(5かけ以上)
・塩

スパイス:材料と一緒にいれます。
※手間をかけたいときは、にんにくとしょうがを入れた後にオイルにいれて、
オイルに香りをまわす。
・ベイリーフ(2枚くらい)
・シナモン(小さじ1/5程度)
・カルダモン(小さじ1/5程度)
-----
これは、材料と一緒に入れます。
・ターメリック(小さじ2/5程度)
・クミン(小さじ2/5程度)
・ガラムマサラ(小さじ2/5程度)
スパイスは味の加減をみながら、入れてください。

あればコリアンダーの生の葉をみじん切りにして、最後にトッピング
----
各国のお手軽家庭料理の本とかあれば面白いと思いました。
日本だと、おかゆか目玉焼きでしょうか?
2756404
スーリヤのチャイ
 
金 スーリヤ 日替わり/キーマ 豆カレー ひよこ豆のさらさらカレー
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

インド式カレーに挑戦 [お家でインド料理]

スーリヤのスタッフに、一番簡単な家庭用のカレーを教わりました。
骨付きチキンと野菜のカレー。さっぱりしたトマトと野菜とチキンの煮込み料理です。

材料は
・サラダ油
・塩
・にんにく4かけ〜好きなだけ。しょうが一本。トマトの水煮缶
・クミン、ターメリック、ガラムマサラ
・辛いもの。唐辛子/ペッパー等好みで
その他好みのスパイス色々(たぶん、シナモン、ベイリーフ、クローブ等だとおもわれ。)
・タマネギ 1個
その他好きな野菜。
・骨付き鶏肉。
2721593

というわけで、近所のインド食材店で材料を一から買ってると、我が家のスパイス消費に限界があるので、中華材料で代用致しました。
五香粉W
辛い系カイエンヌペッパー→赤唐辛子。

作り方は、最初油ににんにく・しょうがを入れて、その後、野菜を全部入れて炒める。
次に、トマトの水煮+スパイスを入れて煮る。
仕上げの15分前にターメリックとガラムマサラを小さじ一杯入れる。
全部で45分程煮る。
と言ってました。
2721468

以下、作成の感想。
ようは、筑前煮か、中華料理の煮物、オーブン使ったシチューの作り方と同じ。
材料を炒めて火を通してから、味を含ませるために煮る。それだけです。至って簡単。

・行平か中華鍋にするのがよし。普通の寸胴や鍋で作ってエラい目に。炒めるのが大変、こげるし。
・油の量は、4人前で50gくらいW 少なくするとコクが無くなりました。
クミンだけ、最初にオイルに投入。多めの油で強火にしないと、油に香りが移りません。
※後から発見しましたが、クミンをそのまま、他のスパイスと一緒に投入するレシピもありました。単に量が少なかったのかも。
・しょうがはかなり大量です。結局、一本近くいれたのですが、まだ少なかったような。
・野菜は最初はとにかく細かく切った方が火の通りが早くて作りやすいです。
・にんにくがたっぷり入ってるせいか、かなり焦げやすい。

味付けは、好みで塩多めにしてもよし。また黒砂糖系で甘みをつけても良し。
適当につくったので、分量を書いてないですが(汗)
美味しくて、何杯もおかわりしちゃいましたW
本格的なのはこちら↓
http://humptypumpkin.blog40.fc2.com/blog-entry-134.html#more
http://raani.org/recipe/nasu.htm

お家でインド料理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。